MUSIC in YOU

好きな音楽についてのんびり書いてます

NMB48 恋愛禁止条例公演 〜太田夢莉というアイドル〜


本日、2017年5月23日。

僕が初めて難波の地、NMB48劇場にて"誰かのために"公演を見て、ドキドキワクワク胸を踊らせ、感動したあの日は忘れもしない2011年4月8日ですから、あれから6年と1月が過ぎたわけです。

早いですね、時の流れというものは。全く。


一期生チームNによる"誰かのために"公演、"青春ガールズ公演"は本当に素晴らしい公演でした。二期生による"Partyが始まるよ"公演も少ししか行かなかったものの初々しくも素晴らしく感じた覚えがあります。


それから推していたメンバーの卒業や、自分の事情も重なりしばらくNMB48から離れていた僕が、次に劇場公演を訪れたのはたしか一昨年だったか、AKB48名義でずっと聴いていた"RESET"公演を今NMB48がやっている!という情報をネットで目にし、これは一度生で観ておきたいという想いで何度か応募した後にキャンセル待ちの早い番号で入ることができ、一番後ろの席で観た日でした。

たしかその日も個人的に思い入れのあるRESET公演でしたから劇場内では1人楽しんでいたはずですが、あまり知らない二期生や

三期生がたくさんいてNMBも変わったなぁと一人思っていた気がします。


そしてさらに時が経った今日、また久しぶりにNMB48劇場に足を運ぶことになったのです。

演目はAKB48 A5thである"恋愛禁止条例公演"

個人的思い入れとしてはRESET公演ほどではありませんでしたが、やはり同じ時期によく聴いていた公演曲でした。


少し話が変わりますが最近ふとした拍子から"誰かのために"公演のアルバムをリピートで聴いていたのです。

それこそNMBがやっていた当時は分からなかった曲の良さや、裏で主張している楽器の魅力がわかるようになり、再び楽曲の良さに感動をしていたのです。

そんな最近の感動が、私をかなり久々かつほとんどメンバーも知らないチームBIIの公演に行かせたのでしょうか。

("誰かのために"公演の良さについては別の記事にて書きます)

幸運なことに応募してみるとわりとすぐに当選メールが来て、少しワクワクしながら今日を迎えました。


そして、訪れたNMB48劇場

相変わらず暑い非常階段での待ち時間(笑)

劇場に入ると、どこか変わらない懐かしさを感じながら一曲目が始まるのを待ちます。


一曲目の"長い光"

この曲はAKB48での高橋みなみさんの独唱パートで有名ですね。

個人的には恋愛禁止条例の演目の中でも一位二位を争って好きな曲です。

メンバーの予習もあまりせず望んだ公演だったので、いったいどんな子がこの曲を歌うのだろう、プレッシャーとかすごそうだな

そんなことを考えながら期待していました。


そして見事それを歌いあげていたのが、タイトルにも書いているメンバーの太田夢莉(おおたゆうり)さんでした。

今日は全体が見えるようにとセンターに座っていたのですが、彼女もセンターに登場する訳ですからじっくり目が合う(気がする)訳です。

ちなみに太田夢莉さんの名前は何度も見かけたことはありましたが、顔と名前は一致していなかったし、なんなら"ゆうり"と呼ぶことも知らなったのです(太田さん、ごめんなさい)


太田さんについては、綺麗な人だなと思いながらも、僕が昔推していたメンバーのタイプではないななんて思っていました(またまたごめんなさい)


楽曲の話に戻ります。

他メンバーも登場し、いよいよ劇場公演らしさが出てきました。

やはりあの臨場感、熱気は音源を聴いたり、ライブ映像を家で観るだけでは伝えることができない魅力がありますね。

公演に足を運んだことのない人は一度騙されたと思って足を運んでほしいです(笑)


続いて、スコールの間に・JK眠り姫・君に合うたび恋をすると曲が続きます。

君に合うたび恋をする、良い曲ですね

今更ながらその良さに気付いてきました。

その後のメンバー自己紹介で、聞き覚えがあったのは沖田彩香、城恵理子矢倉楓子くらいでしょうか…

メンバー自己紹介が終わり、ユニット曲に突入します。


黒い天使では、特に太田さんがかっこよかった。城ちゃんも少し大人っぽくなってきた?

ハート型ウイルスはやはり素敵です。村瀬紗英ちゃんもなんか大人らしく綺麗になりましたね。

そして恋愛禁止条例、そういえば恋愛禁止条例公演とは全く皮肉な名前ですよね。

恋愛禁止条例の歌詞も本当にひどい(悪い意味ではないですよ)


間をいくつか割愛しますが、個人的に好きな楽曲である

真夏のクリスマスローズ

ひこうき雲

を生で観て非常に嬉しく、今日はやはり来て良かったと思いました。

(改めて考えると真夏のクリスマスローズ〜あの頃のスニーカーまでの曲はなんだかんだ全部好きですね)


アンコール後はAKB参上!ではなく、NMB参上!

NMB48の曲をはさみ、最後は大声ダイヤモンドです。

大声ダイヤモンドが今こうして歌われていることにはなんとも言えない感動を覚えました。


なんとも雑な公演レポになりましたが、少しでも今日の日の感動を書き留めておきたかったのです。

そして、この公演を通して恋愛禁止条例公演の良さと太田夢莉さんの魅力をとても感じました。


ちなみに他のメンバーに比べると大先輩である藤江れいなさんは次の公演が卒業ということでしたが、寂しさを感じさせない素敵なパフォーマンスでした。本当に長い間お疲れ様でした!


今はNMB48のメンバーをほぼ知らないですし、今回は特に公演曲目当てで行った公演だったのですが、気付いたら太田さんを応援していました。素晴らしいパフォーマンスをありがとう!

また、この公演を観に、そして太田さんの活躍に元気をもらいに来たいと思います。


まさか本人が見られることは無いとは思いますが、この記事は太田夢莉さんと卒業される藤江さんに捧げます。



長い光(Team A)

長い光(Team A)